しそとネコとクルマたち

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

PROST!

b0027267_15464510.jpg
OKTOBERFEST2011 / Shiba ■ EOS 5D / EF35mm F2.0


このまま夏らしい事を何もやり遂げずに終わるのか?(笑■
というわけで芝公園のオクトーバーフェストで美味いビールを飲む事にした■

土砂降りの雨だったが■客足も少なくテント席に座る事ができた■
思ったより蒸し暑くて■ビールには格好の条件だった(笑■

ドイツビールは初体験だ■
ベルギービールに比べるとアルコール度は低く■
今回は全て黒ビールを選んだ事もあるが■
コクや香りは負けず劣らずの印象だ■

備忘録を兼ねて■ラインナップはこちら■

Hofbräu Schwarze Weissbier
 コクと甘み■果実系の香りもGood■

ERDEINGER Weissbier DUNKEL
 黒なのにスッキリした印象■のどごしがよい■まさしく夏のビール■

Kostritzer Schwarzbier
 コーヒーのような香りと苦み■ソーセージや肉を食べながら■
 寒い時に飲みたくなるビールかな■

そうそう■アイスバインという骨付きぶたすね肉のローストが最高に美味かった事も忘れてはならない■
[PR]
by sisoro | 2011-08-25 15:45 | Snap

八方尾根

b0027267_13325988.jpg
Hakuba Happo -One / Nagano ■ EOS 5D / EF 24-105mm F4L IS USM


2日目■

朝起きて天気予報を見ると■夕方から夜は大雨になるとの事■
唐松〜五竜コースを断念し■八方池まで散策することにした■

ふもとの駅からゴンドラとリフトを3回乗り継いで八方池山荘に到着■
そこから八方池まで1時間30分ほどのハイキングコースとなっている■

山の中には一足早く秋の気配が漂う■
花を終わらせた最後のニッコウキスゲがところどころに見えた■

天候が良ければ白馬山麓を一望できる景勝地だが■
今回は終始雲の中を歩いた■

八方池につくと■少しだけ雲が晴れた■
切れ目から雄大な景色の一部が姿を見せる■

五竜で朝を迎えて食べる筈だったクリームパンをかじりながら■
来年もまた来ようと思った■
[PR]
by sisoro | 2011-08-23 13:59 | Landscape

黒部ダム

b0027267_14273388.jpg
Kurobe / Toyama ■ EOS 5D / EF 24-105mm F4L IS USM


1日目■

今年の白馬は日照時間が極端に少なく■
ふもとにある親戚宅からは7月中頃から全く山が見えていないという■
稲穂の実の付きはよいようだが■開けてみなけりゃ分からないと戦々恐々だ■

今回も天候がすぐれず■
唐松〜白馬槍ヶ岳〜白馬の2泊3日コースを唐松〜五竜の1泊2日コースに変更■
出発を一日ずらし■近所の黒部ダムを散策する事にした■

扇沢駅からトロリーバスにのり■黒部ダム駅へ向かう■
地下道を抜けて展望台へ出ると■ダム湖の上空には奇跡的に青空が広がり■立山連峰を一望できた■
一方白馬岳の方を見ると‥‥■どんよりと雲に覆われているのが見えた(笑■

その後展望台を降りてダムの上を歩いていたところ■
10分もしないうちに空はたちまち真っ黒な雲に覆われて土砂降りになった■
そそくさと下山して扇沢でダムカツカレーを食して帰宅した■

雨に追われる毎日だ(笑■
[PR]
by sisoro | 2011-08-22 14:27 | たてもの探訪

夏休み

b0027267_1538127.jpg
Kurobe / Toyama ■ EOS 5D / EF 24-105mm F4L IS USM


休暇の前半は白馬の親戚の家で過ごした■
五竜岳に登山する予定だったが■生憎の天気で断念した■
2日間ほど様子を見たが■天気は悪化するばかり(笑■

このままではいけないと■
関東近郊ではなかなかお目にかかれない風景を堪能するべく■
黒部ダムと八方池を散策してきた■
[PR]
by sisoro | 2011-08-22 12:52 | たてもの探訪

SNS考

b0027267_20581231.jpg
Kuruma-yama / Nagano ■ EOS 5D / Carl Zeiss Distagon T* 25/2.8 AEG


SNSで何を書くか■どうコミュニケーションするか■
普通の会話と異なるのは■記録が残るという点と不特定多数の人間の目に触れるということだ■

有名人の投稿による炎上現象などは■
そのいきさつや意見を追ったり思考する事で■
むしろその背景に迫るような建設的な会話となれば非常に興味深いのだが■
そういったものは水面下に埋もれてしまい表にはなかなか出てこないし■
探すにも労力がかかりすぎる■

一方映画や本などの作品において■
作り話とはいえ多数の残酷非道な話やストーリーが展開されているにもかかわらず■
ネット上でその作者の人格に関して炎上するということはまず起こらない■

発端が特定される個人であり■
リアルタイムにリアクションし■
その個人に興味のある人々が見ている目の前で■
無名のハンターが標的を祭り上げる快感を求めて力の限りを尽くす■
SNSってのは残酷な条件の揃った処刑システムでもある(笑■

そんな環境では■例えば何かのルールを破るような話はとても書きにくいだろう■
未成年の喫煙など■特定の人間が法律を破った話などは記述するのがとても難しい■

実際にはそういう事例や体験談など■
それなくしては語れない■理解し合えないコミュニケーションも多いと思うし■
潔白で綺麗な面しか見えないコミュニケーションなんて■
実世界に置き換えたらかなり気味の悪い話だ(笑■

近年ネット上で実名を使って活動するのはもう珍しい事ではない■
自分もそれに何か新しい展開を期待していた一人だ■
しかしこれによってモラルや表現の豊かさが向上しただろうか?■
どちらかと言えばむしろ低下したようにも思える■

日常会話ができないようでは■
コミュニケーションを更にいびつなモノにしていくだけの道具のような気がしてならない■

SNSにもまだまだ思考錯誤の余地が残っている■
[PR]
by sisoro | 2011-08-16 21:36 | Landscape