しそとネコとクルマたち

Modulation Transfer Function

b0027267_23523187.jpg
Inokashira koen / Tokyo ■ EOS 5D / EF 24-105mm F4L IS USM


空間周波数特性■x本/1mmのラインがレンズ中心から周辺にかけてどれだけ描写できているかどうかを示す指標■いろんなのをざーっと見てると面白いのが■同心円方向の数値が低下しがち■特にズームは絞っても値が改善しない■一方単玉の方は同心円/放射方向共に低下していくのだけれど■絞ると改善傾向なモノが多い■必ずしもこれが全てじゃないのだけど■世の評判とMTFは一部相関があるようにも感じる■APS-Cとフルサイズで評判が変わるレンズも■これを見るとなるほどねと思える部分もある■

同心円/放射方向の値の変化が近い=グラフがそっているほどボケが自然という話■全F値とまでは言わないけれど■せめて開放〜F8の間にもう1ポイントくらいデータがあると嬉しいのだけれど‥‥■計算/数値化するの猛烈に大変そうですなこれ(笑■ズームレンズは焦点距離の真ん中くらいがオイシイっぽい■オフィシャルでない情報サイトでみかけた特性なのでホントかどうかは定かじゃないが‥‥■

ここで猛烈な数のMTFを見ながら■勝手な妄想を膨らませるのが最近の楽しみ(笑■
photodo.com
[PR]
by sisoro | 2008-01-10 00:19 | Camera