しそとネコとクルマたち

ご当地

b0027267_1102698.jpg
EOS 5D / EF50mm F1.4 USM


母親の故郷■九州で海女をしている友人から新鮮な生牡蠣が送られてきた■
28日に水揚げされて29日の朝には到着■ふたを開けるとぴゅうと水を噴き出している■

発泡スチロールの大きな箱で2箱■
到着した途端■母親が何かの間違いじゃないのかと慌てて送り主へ電話をかけた■
なんと到着した生牡蠣は総勢12キロ■
手違いで4倍の量が送られてきたという■
でも生なのだから■いただいちゃうしかないだろう(笑■

比較的小振りで■がっつりと殻に閉じこもっているので■
食べ方が分からないとどうにもならない■
父方のカニと同じように■商品価値が薄いとされるものたちだ■
ご当地にはすばらしく旨いものがたくさん隠れている■

母は幼少の頃■これを3時のおやつに食べていたのだそうだ■
ざる一杯の採れたて生牡蠣を■大きな蒸篭で蒸してそのまま頬張るという■

生で食べるなら■そのままかポン酢か三杯酢がいい■
殻をあけるときは軍手をして■ステーキナイフでこじ開ける■
殻の器型になっている方を下にして■隙間からナイフを入れて探りながら■
上蓋殻とくっついている貝柱をはがすと奇麗に開く■
このときコジりすぎると■殻の欠片が混じってしまい■苦味が出るので注意が必要だ■

蒸しの場合は■殻のまま蒸し器やフライパンに入れてしまう■
蓋をして火にかけてしばらくすると殻が開くので■中の汁がこぼれないように一緒に食べる■

先程蒸し牡蠣をパスタにした■
良く炒めたタマネギに■蒸し牡蠣とそのスープを入れ■生クリームをたっぷりと注ぐ■
素早く煮立てて固めに茹でたパスタを加えれば■オイスターカルボナーラのできあがりだ■

さあ■明日は何で食べようか(笑■
[PR]
by sisoro | 2009-12-31 01:56 | Foooods